日本のホテル

山梨県 石和温泉:シャトレーゼホテル 旅館富士野屋 宿泊レビュー

投稿日:2023-06-11 更新日:

山梨県の甲府市にある石和温泉に宿泊しました

今回は石和温泉の「シャトレーゼホテル 旅館富士野屋」さんで直前予約した際の宿泊レビューです。

埼玉県の秩父から山越えドライブの途中の宿として急遽予約しました。

なんと当日の13時にじゃらんで予約して、その日の夕方15時頃にはチェックインという自分史上最短の予約時間です。

直前の予約だとなかなか夕食が付いている宿がないのですが、こちらのシャトレーゼホテル 旅館富士野屋さんは夕食も朝食もついているプランが用意されていました。

ありがたい!

そして、直前予約にも関わらず客室露天風呂付のお部屋を予約することができました。

旧甲州街道沿いの大通りに面しているので車でのアクセスが便利

車で甲府市に到着したのは15時過ぎ。

ちょうどチェックインが開始されていたので、さっそく宿にチェックインすることにしました。

外観はこんな感じ。

シャトレーゼのカフェが併設されています。

宿泊客の駐車場と受付は坂を下った1段低い入口になります。

入口には天然温泉ののぼりも出ています。

日帰り温泉も利用できるらしいので、その場合もこちらが受付になるのかもしれません。

左右の池の鯉を眺めながら外廊下を歩いて中に入ります。

本館の温泉展望風呂付和室の客室へ

ホテル受付の入口はかなりこじんまりした感じで、チェックインを済ませると仲居のおじさんが部屋まで案内してくれました。

館内はいくつかの建物を繋げているようで、なかなか入り組んだ造りでした。

チェックインは15時からです。

山梨県らしく、チェックインのフロアに無料のウェルカムワインが赤と白でそれぞれ用意されています。

チェックインから20時くらいまで提供されているようです。

さて、エレベーターで案内された部屋は広々とした和室でした。

これで10畳なはずなので、本館の部屋の中では一番小さいお部屋だと思います。

部屋の入口には「歓迎〇〇様」と張り出されるシステムで、私たちは直前の予約にも関わらずきちんと名前を張り出してくれていてすごいなと思いました。

シャトレーゼのお茶菓子も用意されています。

部屋は広々清潔で所々に使用感とリフォーム後の謎の空間がありました。

部屋からの眺望は特筆すべきものはありませんが、中庭に温泉が出るジャグジーバス形式の専用露天風呂が付いているのはテンションが上がりますね。

温泉は少し色がついていて、匂いは特にありませんでした。

結構勢いよく温泉が出てくるのでかなり大きな浴槽ですが10数分ほどでお湯がいっぱいになります。

塀垣が設けられているので、外からの視線は全く気になりません。

この角度から夕方も夜も朝も温泉に入ることができて、夜は月を眺めながらの露天風呂を楽しむことができました。

チェックイン後に早速ひとっ風呂浴びましたが、外の風と温泉の温かさがとっても気持ちよかったです。

湯加減も熱すぎずぬるすぎず、ちょうどいい湯加減でした。

この旅館は部屋に露天風呂が付いている部屋がいくつかあるようでした。

本館はこの部屋を含めて露天風呂付の部屋が2つあるようで、離れは露天風呂ではないですが檜風呂がついていて天然温泉を楽しめるようです。

受付階に大浴場と女性と男性が時間交代制で利用できる宿泊者専用の露天風呂がありました。

大浴場は日帰り温泉でも利用されているようだったので、今回は混雑を避ける意味でも利用はしませんでした。

広くないですが湯上りコーナーで無料のお水とイスが用意されていたので、湯上りの水分補給にちょうどいい空間です。

日帰り温泉用だと思いますが、金庫もあるので貴重品の管理も問題なさそう。

私たちが宿泊中も、日帰り温泉の利用客と思われる家族が何組か訪れていました。

地元では有名なのかもしれません。

ホテル名と外観から推測するに、元々は旅館富士野屋さんとして単独で経営されていた旅館がシャトレーゼに吸収されて名称を変更し、シャトレーゼのスイーツを販売する建物が増設されたのかもしれません。

使える施設や設備はそのまま残してあって、リフォームされすぎていない雰囲気が逆に落ち着きます。

意外にも大浴場の脇にはジムスペースもありました。

ホテルの近所を散策

夕食には少し時間があったので、ひとっ風呂浴びて少し休憩してから近所の散策に出かけました。

最寄駅は石和温泉駅だそうですが、徒歩で駅まで行くには20分以上歩くので、車なしで宿泊する場合は駅からのバスやタクシーを利用した方がよさそうです。

ホテルの近くに銭湯とラーメン屋さんが一体化したところがありました。

ユニークな組み合わせでメディアでも取り上げられていそうな感じですね。

夕食付でなければ、利用していたかもしれません。

ちゃんとラーメン屋の暖簾が出ていました。

さらに駅の方へ進むと駅前の繁華街が見えてきます。

底が浅めのきれいな川も流れていて、涼しそうです。

川の脇道が遊歩道として整備されていました。

のどかな雰囲気で散歩できます。

宿泊特典のシャトレーゼのお菓子をもらって、天空庭園でひと休み

散歩を終えて宿に戻りました。

西日が強くて結構暑かったです。

チェックインの時にもらっていたシャトレーゼのお菓子の引換券を手にカフェでお菓子をもらって冷たい飲み物を注文しました。

食べ物はイートインスペースで食べることもできますが、せっかくなので上階の天空庭園に出てみることにしました。

綺麗に整備されていて、木々に囲まれながらテーブルと椅子がたくさん置いてあるので、ゆったり過ごすことができます。

たまたま中途半端な時間だったせいか、私たちの他には誰も天空庭園に出ている人がいなかったので、シャトレーゼのお菓子とアイスコーヒーを甲府の山々を眺めながら休憩しました。

ハイテーブルとチェアもあって、一人客でも利用しやすい工夫がされていました。

ただ、ちょっと西日が強いので、日よけのパラソルがあるとよかったですね。

私たちは木々がつくる木陰にテーブルを移動させて休憩していました。

ワンコインでワインを購入できるマシーンもあったので、ワイン好きにはうれしいサービスかもしれませんね。

こちらは夕食会場で見かけたのですが、ワンコインでチーズとワインを購入できるようですよ。

夕食は食事会場でいただきます

夕食の時間は2部制になっていたようですが、私たちがチェックインする頃にはすでに夕食の時間が決まっていたような気がします。

直前に予約したせいかもしれません。

夕食会場は大通りに面していて、通り沿いに川が流れているので、窓際の席に座ると川の流れと迫ってくる山々の風景を間近に見ることができるのでいいですね。

残念ながら私たちは窓際の席に座ることはできませんでした。

さて、前菜やお刺身はすでにテーブルに用意がありました。

何品か洋食も含まれているので、和洋混在です。

お刺身はこんにゃくと馬肉が入っていました。

臭みがなく美味しかったです。

こちら2品は洋食の味付けで冷製ジュレのかかった前菜。

そしてこちらはトマトとえだまめのコンソメ煮かな?

トマトがあっさりとしてとても美味しかったです。

温かい品は仲居さんが食事の途中で運んできてくれます。

こちらは豚とマグロほほ肉の煮物。

マグロは肉厚で豚肉は付け合わせの柚子胡椒をつけて食べるととても美味しかったです。

そしてこちらは湯葉の入った一品。

これもマグロが入っていたような気がします。

美味しかったです。

そして、こちらは特選黒毛和牛を使ったしゃぶしゃぶ鍋です。

用意してくれていた土鍋に火を入れてしゃぶしゃぶしていただきます。

レタスと一緒にしゃぶしゃぶして食べてくださいと言われたのでレタスとしゃぶしゃぶしてもみじ大根と小葱を添えてポン酢で食べました。

牛肉が柔らかくて美味しかったです。

そろそろお腹がいっぱいになってきていましたが、まだまだ出てきます。

こちらは地元の山菜とあゆの開きを天ぷらにしたものと言われた気がします。

天ぷらも揚げたてをなるべく早く提供してくれるように仲居さんが途中で持ってきてくれるので温かいうちに食べることができました。

あゆは小さいものなのでしょうが、天ぷらで食べると結構大きくてお腹いっぱいになりました。

一緒にご飯とお味噌汁も頂いてごちそうさまです。

満足しました。

お腹いっぱいとは言え、デザートは別腹でセルフサービスでコーヒーをゲットしてデザートのプリンを食べました。

記憶違いでなければかぼちゃプリンと言っていた気がします。

甘くて美味しかったです。

デザートをコーヒーと一緒に食べられるのは個人的にかなり評価のポイントが高いです。

宿によってはデザートを提供された後に別会場でコーヒーという流れのところもあるのですが、「飲み物とデザートを一緒に食べたいんだよなぁ」と思ったりします。

いやぁ、とにかくお腹がいっぱいになりました。

最近の宿は料理の量がやや少なめで提供される宿も多いのですが、ここは旅館の宿らしく本当に満腹になるくらいの量が出てくるので夜は部屋でただただ牛のようにゴロゴロと過ごしました。

夜寝る前に少しだけ露天風呂に入りました。

夜風が気持ちよかったですよ。

朝食もご飯が進むおかずがたっぷり

おはようございます。

昨日はお腹いっぱいになってぐっすり眠ることができました。

朝も露天風呂を満喫して、合計3回も部屋付きの露天風呂を堪能しました。

さて、朝食も昨日と同じ食事会場で頂きます。

7:30から開場していて、朝食開始から結構人が集まってきていました。

名物は玉子焼きのようで、焼きたての甘い玉子焼きが食卓にのぼっていました。

おかわりも自由のようで、仲居さんがおかわりの玉子焼きを勧めていました。

どれもとても美味しかったです。

シャトレーゼホテル 旅館富士屋に宿泊した感想

直前であまり宿を吟味している時間はありませんでしたが、とてもいい宿でした。

駅からは少し遠いですが、部屋に露天風呂の温泉が付いているのが贅沢でよかったです。

大浴場もあったのですが、今回は部屋の温泉だけで満足して大浴場は全く利用しませんでした。

チェックイン時にもらえる引換券でシャトレーゼのカフェのお菓子がいただけるのはうれしいサービスでした。

散歩後にドリンクとお菓子を食べることができたし、庭園を堪能できたのもよかったです。

食事会場では小さい子供連れの家族が半数くらいいましたが、そんなに子供がいたっけ?というくらい騒がしい感じはしませんでした。

あと、今回は山梨県の旅割の対象だったので、お土産用の電子クーポンをもらうことができました。

このクーポンはシャトレーゼのカフェでお菓子を買って帰ることもできますし、山梨県内であれば使うことができたので帰り途中の道の駅でクーポンを使いました。

旅館のお値段はお部屋にもよると思いますが2名1室で19800円前後から53,000円位といったところでしょうか。

ピーク時はもう少し高い時もあるかもしれません。

オフピークを狙って泊まりたいですね。

下調べほとんどなしで泊まりましたが、夕食も朝食もたっぷりお腹いっぱい食べさせてもらって大変満足しました。

給仕の際の仲居さんの感じもとても良くて、ストレスなく食事を楽しむことができました。

天然温泉もとても気持ちがよかったです。

車利用で広々としたお部屋に泊まりたい方にはとてもおすすめの宿でした。

じゃらんでシャトレーゼホテル旅館富士野屋の空室状況を確認する

シャトレーゼホテル 旅館富士野屋

住所:山梨県笛吹市石和町八田286

電話番号:055-262-2266

チェックイン:15:00

チェックアウト:10:00

宿のHP:https://fujinoya.chateraisehotel.jp/

最寄駅:石和温泉駅から徒歩20分

一言メモ:駅からは少し離れていますが、その分山梨の山々の風景と広々としたお部屋で天然温泉を楽しむことができるのでお勧めです。日帰り温泉の利用もできます。食事は夕食、朝食ともにお腹いっぱいになるくらいたっぷりお食事が楽しめます。

エレベータが少し狭めなので大きな荷物の持ち込みは気を付けましょう。

食事会場の大きな窓から外の景色を楽しむことができますが、夕食は窓際の席に座ると夕暮れの風景を見ながら食事を楽しむことができるので窓際がおすすめです(予約時にリクエストしてみては?)。

温泉もとても気持ちがよかったです。

客室に露天風呂が付いていなくても貸し切りの露天風呂を利用することができます(有料)。家族でゆっくり貸切風呂でお湯に浸かるのもいいですね。

-日本のホテル
-, , , ,

執筆者:

関連記事

生まれ変わった懐かしの水上温泉ホテルジュラクに宿泊

昭和から続く歴史のある宿 30代以上の方にはお分かり頂けると思うが、昭和の時代に金髪のお姉さんがセクシーに踊って「ジュラクよぉ~ん」とささやいているホテル聚楽のCMをご存じだろうか? 今回、東京から1 …

徳島のリゾートホテル「アオアヲナルトリゾート」に宿泊しました!

徳島1日目のお宿はオーシャンビューの「アオアヲナルトリゾート」 翌日に淡路島をドライブしたかったので、淡路島と徳島市内の間にある島「大毛島」にあるアオアヲナルトリゾートを予約しました。 この宿はリゾー …

グリーンヒルホテル尾道のロビー

グリーンヒルホテル尾道の宿泊めちゃくちゃ最高じゃん!

尾道水道が目の前の「グリーンヒルホテル尾道」に宿泊しました 尾道駅からも徒歩4分という最高の立地のグリーンヒルホテル尾道に宿泊しました。 ここに宿泊した最大の理由は部屋から尾道水道と尾道水道を行き来す …

華やかなオブジェでお出迎え

美ら海水族館から車で5分のホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワに宿泊しました

美ら海水族館に近い大浴場のあるホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ 沖縄には初めて来ました。 美ら海水族館に行きたかったので、前乗りできる「ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ」に宿泊しま …

ゆ楽の夕食

福井県あわら温泉「ゆ楽」に宿泊

東京方面からも大阪方面からもアクセス良好のあわら温泉 福井県のあわら温泉に行ってきました。 あわら温泉 GoogleMapより出典 福井県は遠い昔に行ったことがあるだけで、大人になってから行くのは今回 …

言語切り替え