【個人手配の旅】気ままに旅した記録

個人手配で旅行し記録したおすすめの海外旅行先・国内旅行先の思い出と、美味しい地元ご飯を紹介します。現地のインターネット事情などの情報も!

海外の旅 アジア

【タイ寝台列車】バンコクからチェンマイ10時間の旅

投稿日:2019-01-30 更新日:

タイのバンコクから初めて寝台列車に乗りました。海外の寝台列車に乗るのはこれが2度目です。

以前、オーストリアのウィーンからイタリアのベネチアまで寝台列車に乗ったことがあるのですが、それ以来の寝台列車です。

チケットは事前にウェブサイトから購入していたので、チケットを印刷して持参するだけで、乗車することができました。

チケットの事前購入の方法はこちらで解説しているので、参考にしてみて下さい。

関連記事:【図解付き】タイの寝台列車を予約する(日本語で予約)

関連記事:【図解付き】英語サイトでタイの寝台列車を予約する(日本語サイトより安い)

タイの寝台列車はバンコクのファランポーン駅(Hua Lamphong Station)から乗ります。ファランポーン駅は東京でいうところの東京駅みたいなところで、バンコク市内の中央駅の役割を果たしています。

ファランポーン駅

ファランポーン駅今回の寝台列車は、ファランポーン駅を19時30分に出発するので、出発するまではバンコク市内の王宮を見学したりして、過ごしました。

ファランポーン駅に着いたのは、18時前でした。

汗だくだったので駅のトイレ横にあるシャワールームで10バーツを払って、さっと汗だけ流します。

最近、改装されたようでまあまあきれいでしたが、あくまでもタイでの基準で見るときれいだったということです。
脱衣所がないので、着替えはビニール袋などに入れていきましょう。シャンプー、リンスなどのアメニティも持ち込みです。

シャワールーム入口。トイレと入口は同じです。入口で10バーツ払います。

シャワールームは個室

シャワールームは個室。まあまあ綺麗。

水しか出ないシャワールーム

水しか出ないシャワーだったので、本当に汗を流しただけですがそれでもさっぱりしました。

出発までにまだ時間があったので、駅で腹ごしらえです。

私のお気に入りは、駅構内のフードコートにあるチキンライスのお店。
40バーツでスープもついてきます。

駅構内の食事はまず、クーポン売り場がフードコートの左右に1箇所ずつあるので、「COUPON FOR XX BARTS」(クーポン フォー XXバーツ)みたいな感じでクーポン売り場の人から必要なバーツ分のクーポンを購入する必要があります。クーポン売り場はフードコートの左右に2つあります。

クーポンを購入した後に、フードコートの店頭でクーポンで注文するシステムです。
ぼったくり防止とか、店側が売り上げをごまかさないような仕組みになっているんでしょうね。

クーポン売り場

ファランポーン駅内の食堂のクーポン売り場

ここのチキンライスは、チキン自体も美味しいのですが、カウンター脇に置いてある辛いソースがニンニクが効いていてすごく美味しいんですよ!
このタレをチキンライスにかけて食べるのがおすすめです。

チキンライス屋さん

チキンライス屋さん。安定のうまさ。

チキンライス

チキンライス。右のニンニクたっぷりのソースをつけて食べる。

チキンライスが苦手な方は左側の少し奥まった目立たないお店もぜひ試してみて頂きたい。
注文してから、パッタイやガパオライスなどを作ってくれるようで、私の席の後ろに座った地元の人が食べていたガパオライスもめちゃくちゃ美味しそうでした。

私の場合は、辛いのは苦手なので、注文する時は、「マイぺ、マイぺ」と言って辛くしないようにお願いします(マイぺは辛くしないという意味のタイ語です。辛くしないでと伝えても私には辛いんですけどね。。)。もう少し丁寧に言うと、コォー、マイ、ッペ、カッ。みたいな言い方になるみたいです。

フードコートで腹ごしらえをしてから、コンビニや周辺にあるお店で飲み物などを購入しました(駅構内ではお酒は販売していませんでしたので、注意しましょう。)。
少し時間のある人は、ぜひ駅を出て、道を渡ったセブンイレブンに行ってみてください。
そこにはお酒も売っていますし、セブンイレブン近くの屋台で鶏の唐揚げを買うことが出来ます。車内はアルコール禁止なので、お酒は乗車前に飲んでしまいましょうね。
私は手羽先の唐揚げを買って、電車に乗り込みました。
鶏の旨味が出ていて、いい夜食になりました。

さて、寝台列車ですが、今回は1等の個室をとりました。
ファランポーン駅発19時30分、チェンマイ行きの寝台列車で、本日の最終便です。

費用は一人、5000円ほどです。
あとで調べたのですが、この路線の新型車両の運行は私が乗った一本前の18:00発のみでした。
室内はヨーロッパで寝台列車に乗ったときに比べると多少広々としていましたが、車体は結構年季が入っている感じでした。

寝台列車

寝台列車

備え付けはゴミ袋くらいで何もなかったので、気を付けましょう。無料の水一本くらいつけてほしかったです。(ヨーロッパの寝台列車は水もあったし、ウェルカムシャンパンもあったよー。。)

1等車の車内の様子

1等車の車内の様子。座るスペースは広い

一応独立洗面台はついている

一応独立洗面台はついている

二段ベッドにしてくれる

二段ベッドにしてくれる鉄道会社のおじさん。手際がいい。

結構困ったのが個室内の温度調整です。エアコンが入っているのですが、消すことはできないし、強弱の調整もできません。

乗車してから2時間くらいして係の方がベッドメイキングをしてくれるのですが、その人にエアコンの消し方を聞いた答えが、プラスチックの袋をちぎってエアコンの吹き出し口をふさぐという荒技でしたw。

さすがにびっくりしましたが、やってもらったあとは確かにそんなに寒くない。
いやー、発想力って大事だなと思いました。

エアコン穴クローズ

エアコン穴クローズ。天井とか結構ボロい。

寝台列車に乗る時のアドバイスとしては、個室は意外と寒いので重ね着できる服を買うべし。
特に上段に寝る人はしっかり準備しましょう。
また、トイレはお早めに。時間が経てば経つほど荒れていきます。
シャワーは一応列車内にありますが、あまりきれいではないのでお勧めできません。
ホテルや駅などで事前に浴びれる方はそちらをお薦めします。

前述のとおり、車内でのアルコールは禁止でしたが、調べてみると、2、3年前に、電車の乗組員が乗客の女性に乱暴して、窓から女性を投げ捨てて殺してしまうという事件があったようで、それからアルコールは禁止になっているようでした。

正直、えっ!と思いましたが、特に危険な目に合うこともなく、夜中に騒ぎ出す人もいなかったので静かに安全に過ごすことができました。

これから寝台列車に乗ろうと考えている人は、アルコールの持ち込みはしないよう注意してください。

 

乗りごこちに関しては、正直ヨーロッパの寝台列車の方が格段に良かったです。

乗車中はずっと、電車がガッタンゴットンと揺れていて、なかなか寝付けません。かなり音も大きかったので耳栓は必ず持っていきましょう。

あとは、長そでの上着とズボン。基本、冷房の温度調節はうまくできないので、重ね着をしてしのぐしかありません。

とはいえ、5000円ほどで一晩でバンコクからチェンマイに運んでくれるので、経験としては悪くなかったです。

ちなみに朝は、給仕のおばちゃんが「コーヒー、コーヒー」と声を出して、廊下を歩きます。

つい値段を聞かずにコーヒーを注文してしまいましたが、インスタントコーヒーとチョコレートブラウニー1つで120バーツでしたw。

120バーツって。。ファランポーン駅のチキンライス3食分じゃないかよ!と一人で突っ込みながら、コーヒーをすすったいい思い出です。

高くついた朝コーヒー

高くついた朝コーヒー

高くついた朝コーヒー

 

チェンマイの駅には予定より10分くらい遅く到着しましたが、9時前後にはチェンマイ入りできます。朝からチェンマイの観光に充てられるので、やっぱり寝台列車はありがたいです。

早朝のチェンマイ駅の様子

-海外の旅 アジア
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ボラカイサイン

2019年ボラカイ島へ行こう!羽田空港~マニラ空港経由でカティクラン空港へ

おはようございます! 本日は、フィリピンにあるボラカイ島に向かっています。 日本からは直行便はないので、マニラで国内線に乗り継ぎです。 今回は、最近ご無沙汰だったANAを利用しました。 フィリピン航空 …

2018年秋 ハノイ3泊4日の旅 (後編)チャンアンへの日帰り旅行

ハノイ3泊4日の旅後編です。 前編も合わせてご覧ください。 関連記事:2018年秋 ハノイ3泊4日の旅 (前編) さて、今日はお待ちかねのハロン湾観光です! と、言いたいところなのですが、昨日の夜、ツ …

Park Hyatt Siem Reap 1kingbed room

ホテルレビュー:5つ星ホテル パークハイアット シェムリアップ

Park Hyatt Siem Reap hotel location (from Google map) アンコールワットの観光のためにシェムリアップに滞在した時に、パークハイアットに宿泊しました。 …

2019年1月 ホテルレビュー:タオ島 ジャマキリ リゾート&スパ(Jamahkiri Resort & Spa)

タオ島とは現地の言葉で亀の島 タオ島 | 【公式】タイ国政府観光庁公式サイトより みなさん、タオ島ってご存知ですか? タオ島とはサムイ島からフェリーで2時間やや北に行ったところにある小さな島です。 日 …

アモリタホテルのプールサイド

ターシャーに会いにボホール島へ行こう!

フィリピンの真ん中あたりにセブ島という島があります。 フィリピン航空やセブパシフィック航空で東京から直行便が出ているので、行ったことがある方もいるのではないでしょうか。 そのセブ島から船で1時間ほど東 …

言語切り替え