【個人手配の旅】気ままに旅した記録

個人手配で旅行し記録したおすすめの海外旅行先・国内旅行先の思い出と、美味しい地元ご飯を紹介します。現地のインターネット事情などの情報も!

旅行グッズ 海外の旅 アジア

ベトナムの現地SIMカードは旅行前にアマゾンでポチりましょう

投稿日:

ベトナムの現地SIMカードmobifoneを購入する

以前は現地で購入していたSIMカード、最近はめっきりアマゾンで買ってます。

大きな理由は

「現地でSIMカードを購入する時間を削減」

「現地購入とアマゾン購入の価格差が少ない」

です。

購入先によっては日本語の説明書がついていたり、サポートしてもらえるメリットもあります。

もちろん自分のスマホがSIMフリーであることが重要です。

(SIMフリーでないdocomo,au,softbankなどの各キャリアの携帯はこちらの現地SIMカードは使えません。注意してください。)

そして対応周波数が合っているかも重要です。

私はiPhoneを使用しているので対応周波数で困ったことはありません。

ベトナムのキャリアはいくつかありますが、

ハノイに行った時と同様、「mobifone」を選びます。

数日で普通郵便にて届きました。

ベトナム現地SIMカードのmobipone

中身はシンプルにSIMカードと日本語説明書です。

SIMカードは標準、マイクロ、ナノ対応なので必要なサイズでカット。

SIMカード(mobifone)

SIMカード(mobifone)

私が購入した時は、1枚650円で送料無料でした。

私が購入したのは10日間で10GBです。

私の個人的な見解ですが、株式会社ワイズ・ソリューションズが販売している現地SIMカードが信頼できると思います。

なので、30日間10GB利用できるmobiponeもあったのですが、今回は10日間用を選択。

1枚でも良かったのですが、安いのでタブレット用にも買ってしまいました。

快適なネット環境を作る手順

快適なネット環境を作るには、手順はこうです。

-.アマゾンで現地SIMを購入

-.飛行機に乗っている間は、機内モードにして携帯のSIMカードを交換(SIMフリー携帯を持っている前提です)

-.もともとの自分のSIMカードをなくさないように大切に保管

-.必要に応じてAPNの更新(今回iPhoneでは不要でした)

-.現地についたら飛行モードを解除する

-.900番に電話して何か聞こえたら終話

-.端末再起動

iPhoneの場合

-.Messageにいろいろメールが来るのを確認し、mobifoneのネットワークを拾うか確認

ネットワークを拾わない場合は、手動でAPN設定を行う必要があります。

a. ホーム画面から「設定」をタップします。

b. 「モバイルデータ通信」をタップします。

c. 「モバイルデータ通信」をONにスライドします。

d. 「データローミング」をONにスライドします。あとは、自動的に設定が完了します。

自動設定されずにAPNの入力が必要な場合は、APNの項目へ下記を入力します。

名前」:mobifone

APN」:m-wap

ユーザ名」:mms

パスワード」:mms

認証方式」:CHAP

-.携帯画面上の電波がmobifoneで立っていれば完了

簡単ですね。

Androidの場合

Androidの場合は、APNの設定が必要になります。a~dのステップを試しましょう。

a.ホーム画面から「設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を順にタップし、画面右上の「メニュー」から「新しいAPN」をタップします。

b.「名前」:mobifone

APN」:m-wap

ユーザ名」:mms

パスワード」:mms

認証方式」:CHAP

を入力します。

c. 画面右下「メニューボタン」をタップして「保存」します。

d. 「APN」画面に戻るので、設定したAPNをタップすれば設定完了。

帰りは、この逆の要領です。

ぜひぜひ試してください!

現地SIMカードを実際に使ってみた感想

現地で使用してみた感想ですが、はじめの電波の掴みが遅め&不安定でした。

飛行機着陸して設定完了したのですが、入国審査が終わっても若干不安定なくらいでした。

(もしかしたら空港周辺の電波状況かもしれません)

市内でも地方(メコンデルタ)でも4Gで通信可能でした。

注意点としては、このSIMでは通話が出来ません。

着信は可能のようですが発信は出来ません。

(IP電話やLINEで事足りるので私は不要派)

また、iPhoneの電話帳や設定で番号が確認できませんでした。

現地では、タクシー配車アプリの設定にメッセージを受信しなければならないので電話番号が必要だったのですが、結果としてはSIMカード台紙に記載がありました。

(なので絶対台紙は捨ててはダメです!)

旅行中は地図、タクシー配車アプリ、ツアー代理店とのコミュニケーション、航空会社からの連絡などあります。

いつもオンラインでいられるSIMカード購入がおすすめです。

アマゾンまたはYahoo!で購入できます。

-旅行グッズ, 海外の旅 アジア
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

JALのセールで東京~ホーチミンまでエコノミークラス往復28,000円!(プラス燃料サーチャージ)

この時期の航空会社のセールはお勧めです 8月下旬から9月上旬にかけては、どの航空会社もセールをばんばん打ってきます。 JALも絶賛セール中で、今回のセールで成田~ホーチミンのエコノミークラス往復28, …

寝台列車

【タイ寝台列車】バンコクからチェンマイ10時間の旅

タイのバンコクから初めて寝台列車に乗りました。海外の寝台列車に乗るのはこれが2度目です。 以前、オーストリアのウィーンからイタリアのベネチアまで寝台列車に乗ったことがあるのですが、それ以来の寝台列車で …

バンコク 中華街でディナー

別の記事にも書きましたが、今回バンコクではPrime Hotelに泊まりました。 ホテルからは中華街は歩いて10分ほど。 そこで、バンコク初日の夕食を探しに出歩いてみました。 中華街に入ると通りに赤と …

チェンマイ(Chiang Mai)で観光

10時間の寝台列車の旅を終えて、ようやくチェンマイに到着しました。 駅は9時過ぎでしたが、すでに人で溢れて活気づいている印象をもちました。 チェンマイはタイの第2の都市だそうで、結構都会です。 朝のチ …

NEC MR04LN

海外での通信手段はモバイルルーターもおすすめ

海外で使うモバイルルーターはNEC MR04LNがおすすめ 今回は海外旅行時の通信手段について考えてみます。 最近はSIMフリーのスマホが一般的になってきましたが、もっとも主流の通信手段はレンタルルー …

言語切り替え