海外のホテル 海外の旅 アジア

セブ・マクタンの新ホテル:The Reef Island Resort Mactan Cebu(ザ・リーフ・アイランド・リゾート・マクタン・セブ)

投稿日:2023-04-04 更新日:

オープンしたばかりのリゾートホテルThe Reef Island Resort Mactan Cebuに宿泊

マクタン島(セブ)内に2022年末にオープンしたリゾートホテルに宿泊してきました。

マクタン島はセブで有名なリゾート地です。

マクタン島の位置としてはこんな感じで、セブ島の横にある小さな島です。

セブといえば航空会社によっては日本からの直行便も出ていますので、セブ島の方に空港があると想像しがちですが空港があるのは実はこちらのマクタン島の方なんです。

そして、リゾートホテルが多いのもマクタン島です。

GoogleMapより出典

 

宿泊は2023年4月ですが、この時点でこのホテルに宿泊したレビュー記事はプレオープンの記事が多く、良い点ばかりが強調されているので、自腹で宿泊した私が本音で書いてみたいと思います。

名前がちょっと長いのですが英語名は「The Reef Island Resort Mactan Cebu」でカタカナでしたら「ザ・リーフ・アイランド・リゾート・マクタン・セブ」です。長いので以下リーフと表記します。

ロケーション

マクタン島北部にはデュシタニ、シェラトン、シャングリラと言ったリゾートホテルがありましたが、リーフはこれらより少し南側に位置しています。

セブ・マクタン国際空港からは車で約30分ほど、公共交通機関と徒歩で約1時間ほどでホテルに到着します。

こちらのザ・リーフ・アイランド・リゾート・マクタン・セブは1泊約18,000円ほど。

アクセスはタクシーやGrabで行くことになるかと思います。

ホテルから外出の際は周りに流しのタクシーなどは残念ながら走っていないので、ホテルでタクシーを呼んでいただくことになります。

追加で100ペソかかります。

ホテルはビレッジと呼べるような守衛に守られたエリア内にありますが、このビレッジ入り口からホテルまで徒歩5分ほどかかります。

セブに慣れている方でしたらビレッジ入り口からトライシクルに乗って行っても良いかと思いますが、決して乗り心地の良い乗り物ではないので、近所のモールやコンビニまでにしましょう。

ビレッジ入り口

ホテル施設

ロビーは広々とした空間です。

Hotels.comより出典

Hotels.comより出典

ホテル建物は本館とアネックスに分かれており、私はアネックスに通されました。

ホテル外観

エレベーターは18階+P(ペントハウス?)までありました。

駐車場が地下(UG)、入り口が1階(G)、ロビーが2階(M)です。

アネックスエレベーター

2階にはThe Kitchenというレストランと、The Bakeryというベーカリーがあります。

食事ができる場所は、この2か所のみです。

The Kitchen入り口

朝食は6:30~10:30までで、ランチまでの1時間は休憩時間になるそうです。

ランチは11:30~14:30まで。

ディナータイムは17:30~22:00までとなります。

The Kitchenの中からプールが見えます。

The Kitchenから見たプール

こちらはカフェスペースのThe Bakery。

美味しそうなパンやコーヒーなどが販売されているので、ちょっとした軽食利用に便利です。

The Bakery入り口

店内はオープンテラス風になっているので、開放感があります。

The Bkery店内

レストランは朝・昼・夜と営業しているので、ホテルにずっと滞在して3食食べることもできますね。

その他の時間に飲食をする場合は、ベーカリーか部屋内ミニバーを利用することになります。

陸の孤島ですので、もう1軒レストランなどが充実していてくれると、気分を変えたい時に便利だなぁと思いました。

The Kitchen営業時間

その他施設としてはスパ(The SPA)、ラウンジ(The Lounge)、フィットネスエリア、プール、ビーチなどがあります。

ホテル客室内

部屋はパーシャルオーシャンビューのバルコニー付きデラックスルームで、クイーン/キング/スーパーキングベッドで、眺望は最高でした!

窓の方向的にサンセットは見られませんでしたが、とても落ち着く部屋です。

面白いなと思ったのは「ルームキーがリストバンドになっていること」と「バルコニーの窓を開けるとエアコンが停止すること」です。

リストバンド

リストバンドはキーを持ち歩かなくて良いので便利でしたが、レストランでルームチャージには利用できません。

ルームチャージの場合は部屋番号と名前を告げる必要があります。

こちら広々とした客室内。

ベッドも大きいし室内の調度類も新しいです。

ふかふかのカーペットも気持ちがいいです。

洗面台も新しくて広々です。

シックで高級感あふれる感じが居心地がいいです。

洗面所&トイレ

シャワーはバスタブはないですが、固定式のシャワーではないので使いやすかったです。

シャンプー、リンスは固定式です。

シャワー

こちらは小さいですがバルコニー。

眼下に近くのコテージとビーチが広がっています。

周りに高い建物がないので、視界を遮るものがなくて眺めがいいですね。

外の空気を感じられる場所があるのはうれしいです。

インフィニティプールやビーチはホテルのすぐ目の前

チェックインをした後に、午後からプールを利用しました。

流行りのインフィニティプールでしたので、開放感は抜群でした。

午前中だったら日光浴を楽しめるのかもしれませんが、建物とプールの位置関係から午後のほとんどの時間は日陰になってしまっているのが残念でした。

とはいえ長時間プールで遊んでおられる方もいらっしゃったので、好みは人それぞれですね。

プールは2つあって、プールの浅瀬にビーチチェアを置いてあるところもありました。

プールサイドの椅子に寝ころびながら眺める景色は日陰でしたが、さすがリゾートホテル!といった感じ。

ヤシの木やプール越しの海の眺めが爽快です。

プール脇の階段を降りていくとそんなに広くはないですが、ホテルのプライベートビーチがあります。

ビーチへ続く階段

ビーチを本格的に楽しみたいのであれば、ボラカイ島など条件のいい場所は他にもあるかも知れませんが、セブ島で街中の喧噪を逃れてほっと一息つくのには最適なビーチかもしれません。

ホテルのプライベートビーチなので、ビーチチェアが用意してあって人もまばらでプライベート感がありました。

波の音を聞きながら波打ち際でぼーっと過ごすだけでもリラックスできそうです。

プライベートビーチを少し楽しんだ後は、ホテル内を少し散策しました。

駐車場フロアに池があって鯉がいました。

フィリピンにも鯉っているんですね。

はじめて見ました。

夕方の日が沈む頃はプールサイドで海に日が沈んでいく様子を眺めるのがおすすめです。

海側に日が沈むので綺麗なサンセットが見られます。

空の色が刻々と変わっていくこの時間帯は、至極の時間でした。

夕食は軽めに

夕食はホテル内のレストランで頂きました。

夕食は少なめにして、ジャスミン風味のご飯とサテーを頂きましたがとても美味しかったです。

このレストランでの一番の特等席は海側のテラス席です。

海側テラス席は数席しかありませんので、こちらを利用する場合は早めのご来店をおすすめします。

夕食

朝食はビュッフェ形式で

朝食はホテル内のビュッフェ会場で食べます。

ビュッフェ形式ですが質・種類ともに素晴らしかったです。

フィリピンは意外とパンが美味しいんです。

こちらのレストランでもとても美味しいパンを提供してくださってました。

ブッフェ①

デザートセクションも綺麗で、種類が豊富です。

ブッフェ②

こちらはビュッフェ料理の数々。

結構色んな種類があるので、どれを取ろうか迷ってしまいます。

ブッフェ③

サテーのような串にささった肉もあります。

ブッフェ④

美味しそうなラザニアもあります。

ブッフェ⑤

フィリピンでは意外と少ない生野菜のサラダ。

こういうサラダがあるホテルはポイント高いですね。

ブッフェ⑥

こちらが色々物色してきた朝食の一部。

ハムも美味しそうだし、厚切りの肉も食べ応えがありそうです。

朝食(プレート)

こちらはナッツの乗ったクロワッサン。

サックサクで美味しいですよ。

朝食(パン)

 

The Reef Island Resort Mactan Cebu(ザ・リーフ・アイランド・リゾート・マクタン・セブ)に宿泊した感想

ホテルはまだ新しくてどこもかしこもピカピカでした。

部屋も綺麗で使いやすい部屋でしたし、リストバンドが部屋のキー代わりというのは新しかったです。

滞在中はとても気持ちよく過ごしました。

プールはインフィニティプールで開放感抜群でしたが、日陰になる時間が多かったので少し肌寒かったです。

夕日はめちゃくちゃ美しかったです。

ホテルの目の前がビーチになっているので、ホテルのプライベートビーチとして利用できるのはよかったです。

ただ、立地的に回りに何もないので、シャトルバスが無いのは少し不便を感じました。

ホテルのレストラン以外で食事できる施設がないので、飲食施設がもう少し充実していてほしかったですが、朝食のパンは最高に美味しかったです!

周りは5つ星のホテルが多くて、同じような立地で倍近い料金がかかると思うと、お手軽な金額でリゾートホテルを満喫できる「The Reef Island Resort Mactan Cebu(ザ・リーフ・アイランド・リゾート・マクタン・セブ)」はよかったと思います。

海外のホテルを探すのであれば、連泊する機会も多いと思うので、ホテルズドットコムからの予約がいいかもしれません。

10泊すると1泊無料になるので、結構早めに10泊をためることができます。

今回の私の宿泊料金は18,000円ほどでしたがこの料金は二人で宿泊しても値段が変わらないようでした。

仮に二人で利用した場合、一人10,000円以下になるのでお得だなと思いました。

ホテルズドットコムのサイトを見てみると、1部屋に3つベッドのあるトリプルルームも完備されているようなので、3人や4人など大人数で旅する時にも使い勝手のいいホテルだと思いました。

おそらくそのうちビレッジ内の施設が充実して、便利になるのでしょうから、その時にまた再訪できれば良いかなと思っています。

住所:Dapdap, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu, フィリピン

電話番号:+63322537333

チェックイン時間:15:00

チェックアウト時間:12:00

ホテルズドットコムで空室状況と価格を調べる

エクスペディアで空室状況と価格を調べる

-海外のホテル, 海外の旅 アジア
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

龍山寺

秋の台北へ!前編 士林夜市、寧夏路夜市、寧夏夜市

こんばんは! 夜の風が秋らしくなってきました。 そろそろ秋の行楽シーズンですね。 毎年、どこに行こうか考えている間にシーズンが終わる、というスパイラルに入っております。 しかし、今回はずっと気になって …

JALのセールで東京~ホーチミンまでエコノミークラス往復28,000円!(プラス燃料サーチャージ)

この時期の航空会社のセールはお勧めです 8月下旬から9月上旬にかけては、どの航空会社もセールをばんばん打ってきます。 JALも絶賛セール中で、今回のセールで成田~ホーチミンのエコノミークラス往復28, …

ボラカイ島の中心部 ホワイトビーチでBBQディナー

ボラカイ島のステーション2の周りを散策 ボラカイ島の中心部はモーベンピックのホテルからシャトルで30分ほど南に行った海沿いにあります。 →モーベンピックのホテル宿泊レビューはこちらで書いています! ホ …

プライベートビーチの海

ホテルレビュー:モーベンピック リゾート & スパ ボラカイ(Movenpick Resort & Spa Boracay)

ボラカイ島では、モーベンピックに泊まりました。 今回は三泊します。 ボラカイ島のモーベンピックはボラカイ島の北側にあります。 フェリーの乗り場が島の南側にあるので、乗り場からは一番離れているエリアにな …

日本から台湾へ

久しぶりの国際線に搭乗 コロナも明けて、いよいよ海外旅行が現実味を増してきました。 今回は久しぶりの台湾へ。 JALの早朝便に搭乗します。 羽田空港へ向かう道のりは結構混雑していました。 羽田空港もJ …

言語切り替え